健康な歯がもたらすメリット、歯科に通って健康な歯を保とう

インプラントの治療

保険適用できるケース

インプラントは原則として保険適用外の歯科治療となっています。そのため、インプラント料金は全て自己負担になるのですが、平成24年から一部の患者に対しては保険が適用されるようになりました。 以下の要件を満たせば、保険を使って安く治療ができます。 先天的に顎骨の3分の1以上が連続して欠損している、上顎の3分の1以上が欠損して鼻腔や副鼻腔へ繋がっている、下顎の3分の1以上の欠損に対し切除したという診断が下されている、このいずれかに当てはまっていればOKです。さらに医療機関に対しては、国が認めた医療機関であること、病床が20床以上ある病院の歯科または口腔外科、3年以上のインプラント治療経験医が常勤で2名以上いる病院などがあります。

料金を削減するために

保険適用条件は甘くないため、殆どの方は全て自己負担になるでしょう。そこで保険を使わずにインプラント料金を安く抑える方法を考えましょう。 まず、料金は医療機関ごとに異なるため、安く請け負ってくれる病院を探せば医療費は最低限で済ませることが可能です。ただし安かろう悪かろうでは困りますので、それを踏まえると、料金だけで医療機関は選べません。 そこで誰でも適用できる医療費控除に目を向けてみてください。 医療費控除とは、家族にかかった1年間の医療費総額が10万円を超えた場合に利用できる制度です。 確定申告により医療費控除の申請を行うことで、支払った医療費の一部が税金で還付されます。病院に通うための公共料金もその対象になるため、まずは医療費控除の制度について確認してみましょう。

Copyright (c) 2015 健康な歯がもたらすメリット、歯科に通って健康な歯を保とう all reserved.