健康な歯がもたらすメリット、歯科に通って健康な歯を保とう

早めの診察を

早めに歯科で診察をしましょう

むし歯や歯周病はほとんどの場合、それ自体が直接命に関わることは少ないと思われていて、かなり悪くなるまで放置されています。そのため手遅れとなって歯を失うことがあるます。しかし、早めに歯科を受診すれば、歯を失わずにすむことのほうが多いのです。「早めに診察を」(歯肉が腫れる、うずく、歯がグラグラする、後退して歯の根元が見える)。こんな症状がある場合は歯周病かも、早めに歯科医に相談しましょう。中・高年が歯を失う多くが歯周病によるといわれています。歯周病は、歯の周囲にあって歯を支えている組織(歯周組織)に炎症が起こる病気です。日本人の多くがかかっている歯科疾患です。初期は自覚症状がなく、気が付いたときにはかなり進行して、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまっていることもあるため注意が必要です。

原因菌は全身にも関係する

歯ぐきから出血する程度のごく初期の歯肉炎も歯周病の一つです。歯肉炎の段階であれば、きちんとした治療によって簡単に治ります。歯周組織から常に膿が出るほど進んだものは、かつて歯槽膿漏(今、歯周病が一般的)と呼ばれていました。歯槽膿漏=不治の病のイメージをもたれていますが、決して不治の病ではありません。きちんとした歯科治療を受ければ治ります。「全身の病気にも関係」歯周病は、歯と歯肉の間にできた溝(歯周ポケット)に細菌が感染しておこります。歯周病の症状が進むと、歯(歯肉や歯槽骨)が徐々に破壊されたしまい、最悪の場合には歯が自然に抜け落ちてしまうこともあります。最近の研究では、歯周病の原因菌が(心臓、呼吸器、糖尿病)などにも感染して重い病気を引き起すことがわかってきました。歯周病予防は、全身の病気を予防することにもなります。

Copyright (c) 2015 健康な歯がもたらすメリット、歯科に通って健康な歯を保とう all reserved.